トップへ » 予防に対する取り組み » 子どもの予防矯正 » 0歳から始める予防矯正

0歳から始める予防矯正

お子さまの成長に合わせた予防矯正は、その年齢に応じた適正な治療や対処が必要不可欠です。

乳児期(0~3歳)子どもの予防矯正
3歳までは、矯正器具の装着やむし歯の治療をしてはいけません。歯磨きをしっかり行う習慣や食育におけるむし歯予防を中心に行います。また、「指しゃぶり」や「おしゃぶり」をさせましょう。3歳になったら、指しゃぶりやおしゃぶりを辞めさせキシリトールガムを咬ませます。

幼児期(4~6歳)子どもの予防矯正
4歳からは、前歯や奥歯の反対咬合の治療を積極的にはじめます。不正咬合がないお子さまは、引き続きキシリトールガムを咬ませます。同時に舌の根元の筋肉を作るトレーニングや、むし歯予防、歯並びに悪影響を与える癖の改善を行っていきます。

<歯並びに悪影響を与える癖とは?>
・頬杖
・横向き、うつぶせ寝
・テレビを横向きで見る
・下唇を咬む
・舌を歯に押し付ける
・歯と歯の隙間から舌を出す
・口を開けた状態を続ける
・爪を噛む

学童期(7~12歳)子どもの予防矯正
徐々に乳歯から永久歯に生え変わっていく段階です。3Dリンガルアーチを用いて歯列を拡大し、永久歯の萌出を手助けする治療が必要となってきます。

<その他の対処方法>
・矯正検査、診断、唾液検査
・床矯正(歯列の発育の手助け)
・永久歯を抜かないための誘導(3D装置を使用)
・舌小帯の未吸収がある場合は切開
・舌の根元の筋肉作りトレーニング
・むし歯予防
・歯並びに悪影響を与える癖の改善

中学生(13歳以上)子どもの予防矯正
永久歯に生え変わってからは、マルチブラケットにて仕上げ矯正を行い、完成です。


トップへ » 予防に対する取り組み » 子どもの予防矯正 » 0歳から始める予防矯正


コールバック予約

PAGE TOP