トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療

むし歯のメカニズムと治療法を知ることが大切です

何より大切なのは「予防」そして「早期発見」です。むし歯のメカニズムを知り、ケアをしっかり行いましょう。

一般歯科

当院では、どんな治療内容であっても「無痛治療」を心がけています。そのため治療中の痛みを軽減する、「麻酔」を使用した治療を行っています。麻酔そのものの痛みを減らす表面麻酔の採用や、細い麻酔針の使用など、麻酔自体にもこだわっています。

また、最大の「無痛治療」へつながるむし歯の予防治療にも力を入れています。幼児期からのケア方法や定期健診をお勧めし、健康な歯を作る手助けをしてまいります。

むし歯のメカニズムと治療法について

むし歯は、進行状態によって「Co~C4」までの段階に分けられます。一度しっかりとチェックし、自分の歯の状態を知ることが大切です。

状態と治療法
co【Co】
歯に穴が開いていないむし歯の初期状態です。フッ素とキシリトールを使い歯を再石灰化させることで改善できます。

c1【C1】
痛みは伴わず、歯の表面に穴が開いた状態です。削る部分は最小限で済む段階ですので、早めに削って詰める治療を行いましょう。

c2【C2】
むし歯が表面の下にある象牙質まで達した状態です。まだ神経まで達していないので強い痛みはありません。麻酔を使用し削って型を取り、出来上がったものを詰める治療が必要です。

c3【C3】
むし歯が神経まで達し、激痛を伴います。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になる場合もあります。麻酔をし、大きく深く削り、神経を抜き取る治療を行います。

c4【C4】
むし歯を放置した結果、神経が死んでしまった状態です。痛みは少ないですが、むし歯菌による心臓病や腎臓病を引き起こす危険性があります。治療法としては抜歯となる可能性が高くなります。

最新診断器「ダイアグノデント」でむし歯の早期発見!

ダイアグノデント「ダイアグノデント」とは、むし歯の進行状態を数値で表すことができるむし歯診断器です。ダイアグノデントは、安全性の高いレーザーで肉眼では判別できない小さなむし歯を発見することができます。

また、発見したむし歯の治療が必要かどうかも判断するので、患者さまの負担を軽減することが可能です。

歯周病について

歯周病歯周病とは、歯と歯茎の境目付近に付着した歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が歯茎の内部に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう恐ろしい病気です。また、歯周病になるとさまざまな症状が発生します。

厚生労働省の調査・統計によれば、日本の成人の80%以上が歯周病に感染していると言われています。歯周病はむし歯と違ってほとんど痛みがないため、自覚症状が現れる頃には、すでに重症の歯周病に冒されていて、最悪抜歯するしかないということもあり得ます。そうならないためにも早くからの予防が必要になります。

歯周病によって引き起こされる全身疾患
●動脈硬化
●肺炎
●糖尿病
●心臓病
●早産 など

歯周病の進行具合と治療方法

軽度歯周病とは?軽度歯周病
歯垢や歯石が歯と歯肉の間にたまることで細菌が繁殖し、歯肉に炎症が起こることです。
歯肉が腫れたり出血などが生じます。ブラッシングや歯のクリーニングで回復する状態です。

中等度歯周病とは?中等度歯周病
中等度歯周病になると、口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ってきます。骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなります。そうなることで、歯肉も炎症を起こしたり歯も動揺したりしてきます。治療としては、歯肉溝の奥の歯石を除去します。

重度歯周病とは?重度歯周病
歯肉が化膿し真っ赤に腫れてしまった状態です。骨も壊されてしまうので歯もグラグラ揺れてきます。場合によっては抜歯しなくてはなりません。当院では、重度歯周病の患者さまには専門の医院をご紹介し、より良い環境での治療をお勧めしています。


トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療


コールバック予約

PAGE TOP