トップへ » 治療について » 小児歯科

子どもが楽しく通える歯医者さんです

何十年後も健康な歯を作るために、予防治療をしっかりと。楽しく治療して喜んで帰ってもらう歯医者さんを目指しています。

小児歯科

当院では、お子さまがむし歯にならないための予防に力を入れています。理想は「一度も歯を削ることなく大人になってもらうこと」です。それは、幼児期の予防をしっかりすれば決して難しいことではありません。

お子さまのむし歯に関しては、初期段階ならば削らずに、予防治療で十分に進行を止めることができます。しっかりケアし、初期段階で発見することが大切なのです。

歯医者嫌いのお子さまをなくす工夫

小児歯科お子さまにとって歯医者は「痛い」「怖い」という場所になりがちです。そのため当院では、お子さまが「喜んで通える場所」を目指しています。

当院では、保護者の方も一緒に診察室に入り治療を見守っていただくことができます。また、治療を頑張ったお子さまには治療後にオモチャや消しゴムなどをプレゼントし、喜んでいただいています。

歯医者にしっかり通っていただくことで、予防治療やむし歯の早期発見につなげていきたいと考えています。

最大のむし歯予防は「原因」をなくすこと

小児歯科皆さんはご家庭で、「水漏れ」トラブルを体験したことがありますか?水漏れが起きたとき、まずは水漏れの原因である蛇口をしっかり締めることからはじめると思います。次に、垂れてきた水を拭き取る応急処置を行うはずです。

むし歯治療もこれと同じで、単にむし歯の穴を塞ぐだけでなく痛みの原因を取り除く必要があります。むし歯治療には、むし歯を作る原因である生活習慣などの改善が必要不可欠なのです。

治療は歯医者で行いますが、原因を改善するのは患者さまご自身です。原因を治すことができれば、次のむし歯を生み出すこともありません。自分で改善が難しいお子さまには、保護者の方が手助けしてあげてください。

むし歯予防に最適な食生活は?

小児歯科むし歯にならない歯を作るために大切である食生活。最も気をつけていただきたいのは「おやつ」です。むし歯のない人は、おやつを食べないという意見が圧倒的に多くなっています。

しかし、おやつをまったく食べてはいけない、ということではないのです。1日3食に加え、おやつは1日1回でしたら食べても構いません。ですが、ジュースやチョコレートはできるだけ控えましょう。代わりに果物やキシリトール成分が入っているお菓子がオススメです。また、水、牛乳を積極的に摂るようにしましょう。もちろん食べた後の歯みがきは忘れずにしてください。

小児歯科のむし歯予防メニュー

5つのフレーバーで美味しいMIペースト小児歯科
歯磨き後や歯科医院でのクリーニング後に歯に塗るむし歯予防ペーストです。

当院のMIペーストは、「メロン、バニラ、イチゴ、ミント、ヨーグルト」の「美味しい」フレーバー。好きなフレーバーを選べるので、楽しい気持ちで予防ができます。

幼児期からのフッ素塗布は効果抜群です
フッ素塗布とは、歯の石灰化を促したり、酸の活動を抑制させる効果が見られるフッ素を歯に塗る予防法です。

お子さまの歯を強くするため、繰り返しフッ素を塗っていきましょう。また、生えてから2年以内の永久歯へフッ素塗布を行うことで効果が上がりやすくなります。


トップへ » 治療について » 小児歯科


コールバック予約

PAGE TOP