トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療 » むし歯のメカニズムと治療法について

むし歯のメカニズムと治療法について

むし歯は、進行状態によって「Co~C4」までの段階に分けられます。一度しっかりとチェックし、自分の歯の状態を知ることが大切です。

状態と治療法
co【Co】
歯に穴が開いていないむし歯の初期状態です。フッ素とキシリトールを使い歯を再石灰化させることで改善できます。

c1【C1】
痛みは伴わず、歯の表面に穴が開いた状態です。削る部分は最小限で済む段階ですので、早めに削って詰める治療を行いましょう。

c2【C2】
むし歯が表面の下にある象牙質まで達した状態です。まだ神経まで達していないので強い痛みはありません。麻酔を使用し削って型を取り、出来上がったものを詰める治療が必要です。

c3【C3】
むし歯が神経まで達し、激痛を伴います。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になる場合もあります。麻酔をし、大きく深く削り、神経を抜き取る治療を行います。

c4【C4】
むし歯を放置した結果、神経が死んでしまった状態です。痛みは少ないですが、むし歯菌による心臓病や腎臓病を引き起こす危険性があります。治療法としては抜歯となる可能性が高くなります。


トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療 » むし歯のメカニズムと治療法について


コールバック予約

PAGE TOP