トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴 » 歯の大切さを実感し、患者さまに寄り添える歯科医を目指しました

歯の大切さを実感し、患者さまに寄り添える歯科医を目指しました

院長あいさつ私は小学生の頃に前歯を折ったことがあり、応急処置で治療を行いました。ですが中学生になって応急処置した部分が腫れ上がってしまい、抜歯となり、前歯がない生活を余儀なくされました。高校生でようやく前歯を入れたのですが、その前歯が銀歯だったんです。笑うと銀歯が丸見えで、それはそれはモテない青春時代でした......。

両親の勧めで志した歯科医師でしたが、歯学部への入学を機に、ようやくメタルボンドの白い歯を入れました。白く美しい歯がどれだけ自分の自信につながるか実感した瞬間でした。

そういった実体験から、患者さまの気持ちに寄り添い、何が最善なのかを一緒に考えていくことができると思っています。細かい要望や不安まで、何でもご相談いただければと思います。


トップへ » 医院について » 院長あいさつ・経歴 » 歯の大切さを実感し、患者さまに寄り添える歯科医を目指しました


コールバック予約

PAGE TOP